お洗濯マイスターが教える部屋干しの効率をアップする
干し方のコツ

空気の循環が少ない室内では、
洗濯物の間に空気の通り道ができるように
干しましょう。

ハンガーでつり干し

シャツやポロシャツなどは、エリを立て、エリ部分の布の重なりをなくします。ボタンやファスナーを外して、風の通りをよくすることで、さらに乾きやすくなります。

角ハンガーでアーチ干し

下着や靴下、フェイスタオルなどいろいろなアイテムが効率よく干せる角ハンガーは、両端に長い衣類を、内側に向けて短い衣類をつるしましょう。洗濯物の下にアーチ型の大きな空間が作られ、風が通りやすくなります。

大きな衣類はつるし干し

乾きにくいバスタオルなどの大きな衣類にもひと工夫。裾をそろえず、ズラして干すことで、布が重なる部分が少なくなり、風の当たりをよくすることができます。

衣類乾燥除湿機の活用で、
さらに効率アップ!

衣類乾燥除湿機や扇風機を利用して、洗濯物のまわりの湿った空気を乾いた空気に交換することで、乾くまでの時間を短縮することができます。衣類乾燥除湿機は室内の湿度も下げることができるので、より効果的。部屋干しでもカラっと乾かすことができます。

衣類乾燥除湿機をより効果的に使うポイント

1. 洗濯物を干す部屋のドアや扉は閉める

効率よく室内を除湿することができます。

2. 除湿機は、洗濯物に下に、近づけて置く

洗濯物は上から乾いていきます。乾きにくい下の方に風をあてましょう。

3. 干す間隔を一定にする

洗濯物同士はこぶし1個分空けて。風の通り道ができてより早く乾きます。

衣類乾燥除湿器を使って1年中快適に!衣類干しのお悩み解決!衣類乾燥除湿器を使って1年中快適に!衣類干しのお悩み解決!

干し方について、もっとくわしく見る 「ライオントップ ファンコミュニティ」のページへ干し方について、もっとくわしく見る 「ライオントップ ファンコミュニティ」のページへ